有料老人ホームについて

老人ホームnavi

老人ホームの種類

レディ

住宅型有料老人ホーム

一般的な有料老人ホームは、こちらの「住宅型老人ホーム」を指します。基本的な食事を始めとする、日常生活のサポートをする場所で、複数人の高齢者が共に生活しています。もちろん、その家族達は指定時間内に限り、いつでも顔を見に行くことができます。

介護付有料老人ホーム

上記の住宅型有料老人ホームに介護サービスを加えたものが「介護付有料老人ホーム」です。上記の場合、外部の医療機関に委託して介護を行ないますが、施設関係者でそれをまかなう点がこちらの特長です。身体機能を鍛える為の機能訓練ルームなど、24時間いつでも介護サービスを受けられる為、介護度が高い高齢者には推奨されています。

健康型有料老人ホーム

自立した高齢者のみが対象です。露天風呂やトレーニングルームといったような元気な方が暮らしを楽しむための設備が充実している施設となります。食事などのサービスは提供されますが、もし、介護が必要となった場合には、退去しないといけないので、注意が必要です。

老人ホームを見つけて契約するまでの流れ

老人ホームを探す

老人ホームを探す方法は、パンフレットもしくはインターネットを活用することがおすすめです。パンフレットでは、施設の設備や入居に必要である費用について詳しく掲載されています。最近では、インターネットを使用して探す人が多くいます。なぜならば、老人ホーム探しを手伝ってくれるサービスがあるからなのです。このサービスは、自分の住んでいる地域を入力することによっておすすめの老人ホームを紹介してくれるサービスになります。

費用を確認する

ある程度老人ホームを絞ることができたら、費用を確認しましょう。老人ホームに入居するということは費用がかかります。そのため、自分の資金に合った老人ホームを選ぶ必要があるのです。そのため、必要となる料金について詳しく調べる必要があるのです。

老人ホームを比較する

老人ホームを比較する際に、見るのは費用だけではありません。その他には施設の設備や立地、医療対応、生活支援サービスなどが整っているかを確認する必要があるのです。それを踏まえた上で自分が快適に過ごすことができる老人ホームを見つけていきましょう。

見学・体験入居

最近の老人ホームでは、見学会や体験入居といったキャンペーンが実施されていることがあります。ある程度老人ホームを決めることができたのであれば、実際に老人ホームに足を運んでみましょう。その際にチェックするのは、スタッフの構成と雰囲気や入居者の雰囲気、相談の対応力、食事などになります。これらの項目に何も問題がない施設を選択することで、老人ホームに入居しても快適な生活を送ることができるのです。

契約

これらの工程を経て、実際に入居する契約に移りますが、その際に入居一時金の初期償却と償却方法と期間に関してしっかり確認を行いましょう。一般的に契約を行う際には、住民票や健康診断書、印鑑証明、連帯保証人といったものが必要となります。

有料老人ホームの詳細情報

レディ

老人ホームの種類

有料老人ホームには様々な種類が存在します。そのため、自分の目的に合った老人ホームを選択するようにしましょう。こちらのページでは、有料老人ホームについての情報を詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
男女

老人ホーム入居に掛かる費用

老人ホームに入居するのであれば、当然費用がかかります。しかし、施設によって必要となる費用が異なるので、事前に確認しておくといいでしょう。さらに、かかる費用もいくつか種類があるので、知っておくとことでよりよい老人ホームを選択することができます。

READ MORE
広告募集中